実印を作成される方へ

実印をお探しでしょうか?当サイト「はじめての実印」では、実印の購入を検討されている方のために、基礎知識とともに、おすすめの通販サイトをご紹介します。

私たちの住んでいる日本は、古くから印鑑が重要視されており、それは今でも変わりありません。 何かを証明する場合や、大きな金額の契約を行う場合に、その証として実印を押す機会があります。

実印は、その有効性から、一生モノといっても過言ではありません。一昔前は、街中の判子屋さんで実印を作ってもらうことが主流でしたが、時代は変わって、最近ではインターネットで買う方が主流となっています。インターネットで購入する大きなメリットは「商品が安い」「届くのが早い」「種類が豊富」という3点でしょう。

はじめての実印では、一生モノの実印を購入するのに、オススメの通販サイトをご紹介します。

実印とは

実印とは、住民登録がされている市区町村の役所に対して、登録申請をしたあと、正式に受理された「印鑑」のことをいいます。例えば、駅前の100円ショップで「辻」という判子を購入して、それを役所に登録申請することで、たとえ100円ショップで買った格安判子であっても、役所に受理されれば、それを実印として使用することは可能です。しかし、それでは実印として有効な判子が、誰でも100円ショップで買えてしまうことになり、それは極めて危険な行為になるため、控えた方が良いでしょう。役所に申請する印鑑は、実印に相応しい複雑な印章であるべきです。

役所に正式に受理された印鑑=実印は、判子の中では最も重要な判子となり、次のようなライフイベントの際に使用することになります。

  • ・家や土地を購入する際の不動産取引
  • ・祖父母や両親からの遺産相続
  • ・保険金や保証金の受領
  • ・起業時など法人の発起人となる際
  • ・公正証書、契約書、借用書の作成時 など。

マンションや団地といった集合住宅にお住まいの場合は、回覧板などに判子を押す機会も多いかと思います。また、何かを注文して自宅に荷物が届けられた際に、受取時に押印を求められた経験もあるかと思います。あるいは、銀行口座を作ったときに、書類に判子を押した記憶があるのではないでしょうか?

これらの判子は「認印」や「銀行印」と呼ばれる判子であり、実印とは違う判子となります。実印は、認印や銀行印など、家庭内や家族間で併用されないように、慎重に取り扱うことが大切です。