印鑑を必要とするイベント事例

普段は実印を必要としない人でも、いつかは必ず実印が必要となってくるタイミングがやってきます。そのタイミングは人それぞれ異なりますが、例えば、月の行事やライフイベントが、実印などの判子を購入するタイミングといえるでしょう。そこで当サイトでは、月のイベント(年間行事)を比較一覧化することで、より実印などの判子が購入されやすいタイミングを考えてみました。あなたが新しい判子を手にする・手にしたタイミングは、何月のイベントに当てはまりますか?

冬季

1月(睦月)…新年、年賀状の返事、成人の日、鏡開き
2月(如月)…建国記念の日、節分、確定申告、青色申告
3月(弥生)…雛まつり、卒業、彼岸入り、春分の日、年間決算発表

春季

4月(卯月)…引っ越し、入学、入社、結婚
5月(皐月)…結婚、母の日
6月(水無月)…衣替え、父の日

夏季

7月(文月)…富士山山開き、海開き、海の日
8月(葉月)…お盆
9月(長月)…中期決算発表、敬老の日

秋季

10月(神無月)…結婚
11月(霜月)…結婚
12月(師走)…正月事始め、年賀状の送付

その他

クレジットカード作成、銀行口座開設、戸建やマンションなど不動産購入、車やバイクなどの購入、保険の加入や保険金の受領、相続手続き、離婚、起業独立など。

このように「実印などの判子を買うタイミング」を一覧にして比較してみると、「決算」や「入社」といった、仕事で使用することが考えられるタイミングと、「引越し」や「結婚」といった、新生活が始まるタイミングの二通りが、購入者が多い時期と推測することができました。しかしこれらのタイミングは、あくまでも実印などの判子を購入するタイミングとしては、ごくごく一例でしかありません。もしかすると誕生日プレゼントに買う人もいるかもしれませんし、実用的なクリスマスプレゼントとして、チョットお洒落な琥珀や水晶の判子をプレゼントされる方もいるのではないでしょうか。

ライフイベントの前に実印を用意しておきましょう

大事なライフイベント際には必ず実印が必要になります。実印は印鑑登録が必要なので、購入してすぐに効力を発揮するわけではありません。先を見越して作成・印鑑登録をしておきましょう。

実印を購入する際には実印通販サイトをチェックしてみましょう。まずは価格や、素材などを見比べて検討してみてください。会社によっては、即日発送が可能な場合もありますので、お急ぎの際にも安心ですね。ぜひ「実印通販比較ガイド」の中で会社ごとにを見比べてみてください。